堀切菖蒲園の見どころは、ハナショウブだけではなさそうだ

東京・葛飾区の堀切菖蒲園に行ってきました。行こうと思ったきっかけは、昨年知人から堀切菖蒲園について聞いたことです。でもそのときはハナショウブの見頃を過ぎていたので、今年になって行ってみた、というわけです。
園内は一面がハナショウブの色に染まっているような感じで、大勢の来園者でにぎわっていました。青紫、赤紫、ピンク、白などさまざまな色の花が咲いていて、品種もものすごくたくさんありました。見ていてとにかく飽きません。
ハナショウブの圃場の周囲には、いろいろな種類の草木が植えてありました。既に花が終わってしまったものもあれば、これから花を咲かせるものもあります。多くの草木には札がついていて、植物に詳しくない人でも草木の名前がわかるようになっています。
全体としては、植物の手入れがきちんと行き届いているような印象を受けました。堀切菖蒲園は名前の通りハナショウブで有名ですが、それ以外にも見どころがいろいろありそうです。他の時期に行ってみても面白いのではないか、と思います。ミュゼ 100円