物語の平地に戻りその先を行くの話などをします

主人公たちは、前回の戦いに、対し勝ち、のんびりとした気持ちで、平地を歩きます。その中の会話で、昔は、戦士の1流を、目標として頑張るけど、2流でとどまってもいいですか?とかそんな冗談を師範に、冗談を、言ったりもしたものだよと、そんな話もしています。もちろん本心は、1流にならなければ、やらない方が、いい1流に、向かう2流の時期なんて、その通過点に、過ぎないそう思ったりもしていたのでした。あとは、防御しているだけでは、弱い敵にも、勝てない、引き分けが、あったとしても。確かに、お互いに防御しているだけなら、引き分けで終わりますが、それなら、何のために、戦いの場に出てきたのかなど、根本的なとこが、疑問の原因に、なります。通常もちろんありえませんし、つまり攻撃は戦いにおいての基本だと言うのです。もちろん勝つために。文句のつけどころのない正論であると、メンバーたちは、言います。主人公は、今までに、得てきた経験を、未来に生かそうと、そう言うのです。脱毛ラボ 梅田