今日の夕食決めてたのにママ友と話してて変更!

今日は上の娘っ子の習い事の日!
仕事終わって上の娘っ子帰宅。
宿題してる間に下の娘っ子の保育園へお迎えからの帰宅。
今日の夕食はパスタにステーキにサラダーって決めてたのに(笑)
なぜかって?
上の娘っ子の習い事の日は習い事終了からのソッコー
公園。。。5時に習い事が終わってからの公園。
遊び出したら止まらなーい!
たいがい帰宅は7時前。。。
だからそんな日の夕食は手軽に作れるメニューじゃないと体が持ちません(笑)
今日も予想通り公園へ。
娘たちはお友だちと楽しそうにひたすら遊びます。
下の娘っ子も遊んでるので帰るわけにも行かずママ友達と雑談。
今日の夕食は何?の話に突入しました。
1人のママ友が今日は豆腐チャンプルーするよ。と。
ふとそれを聞いた瞬間に私の口はチャンプルー(笑)
たまたまウチにゴーヤーがあったので急遽夕食メニュー変更!
明日にすればいいのにもう食べたくて(笑)
ゴーヤーチャンプルーでビールが飲みたくて(笑)
遅くなる覚悟で帰ってから速攻ご飯炊いて味噌汁作って、
酢の物作って大満足で美味しく夕食をいただきました。
明日はパスタにしよーっと(笑)

ようやく北海道らしい初夏の季節がやってきました

本州は梅雨に入っても中々雨の降らない様でしたが、最近は本格的に梅雨になったようですね、それに合わせて、北海道にようやく初夏らしい季節を連れてきたようです、この所寒い日が続いていましたが、ようやく好天が続くようになりました。これが北海道の初夏です、私は障害で、体温調整が上手く行きませんが、天候が落ち着き気温も一定になって来たの出、体も慣れてきました。初夏のそよ風に誘われて、散歩の機会も増えています。周りの農作物も風になびき緑の綺麗な風景をもたらしています。日一日事に成長しているのが手に取る様に分かります、もう少しで、夏野菜の収穫も、秋まきの小麦も収穫の季節が始まります、いつの間にかそんな時期になっていたのですね。
雪が解けて3ヶ月で、北海道の大地はすっかりと姿を変えています、これが大地の力なのでしょう。又来る白い季節までつかの間の、緑の季節が、夏の光を集めて作物は、育っているのですね、美味しい作物になりますように。

腸内フローラと微生物由来の二次代謝物質の関係に迫る

日本人化学者・大村智先生が微生物からエバーメクチンという薬を開発した功績によってノーベル生理学医学賞を受賞されたことは記憶に新しく、同様に微生物から薬を開発している研究者にとっても大きな喜びになったと思います。微生物由来の二次代謝物質は、この腸の微生物の状態(腸内細菌叢)を良い状態に維持する働きを果たします。様々な微生物が共存する腸内細菌叢は、お花畑にたとえて腸内フローラとも呼ばれ、腸内細菌が減ると様々な病気や慢性疾患になりやすく、健康な人ほど腸内細菌の種類は多様で豊富です。腸内フローラを良い状態に保つためには、外から微生物を積極的に取り入れることが欠かせないのです。具体的には、ヨーグルトや発酵食品などを毎日摂取することも一つの手段です。さらにそこに、微生物の細胞が作り出した二次代謝物質を腸内に取り入れることによって細胞間のコミュニケーションを円滑にする調整役を果たし腸内細菌叢を種類豊富な良い状態に保つことができるのです。また、微生物由来の二次代謝物質は今までの臨床実験によって、様々な炎症性疾患に効果があることが示されていることを付け加えておきたいと思います。http://www.icd10testdata.net/