雇用保険の料率が下がっている事を知っていますか

近年サラリーマンなどの雇用者の保険料負担が毎年0.1%ずつ少なくなっている事は,会社側から説明がない限りあまり知らされていないと思います。
3月までの0.4%から0.1%下がって,今年4月からは給与の0.3%負担になりました。
20万円の給与の人でしたら200円負担が減る計算になり,結構な金になります。
また雇用保険料は企業と雇用者がほぼ折半して負担する仕組みですから,企業も負担が減る事になります。
雇用保険料の使い道は主に失業保険ですから,近年は失業保険給付が減少しているのでしょうか。景気の上昇と労働力不足が雇用の拡大を後押しして,退職者が減少しているのならば良い傾向だと考えます。現代は税や公的保険で負担が増えていくものが殆どで,減っているものは珍しい事です。今後益々雇用の場が増えていき,雇用保険が限りなくゼロに近づいていく事が理想ですね。
セーフティーネットの充実が大切と一部政党や世間ではよく言われますが,雇用の場が多くある事が一番です。
雇用保険料率は雇用の実態が垣間見られる指標でもありますね。

また書いちゃいますね暇だから(笑)!!!

またまた書いちゃいますね暇だから(笑)
西内まりやさん仕事が無い時も給与の支払いがあったみたい金額は200万くらいになると記事の情報によると
そんなに仕事が無い時ももらっていて一体何があったのか?って思ってしまいます!
多分わがまま性格なのが見て取れるようだ
結構ないい待遇になっていたのに僕はだったらもったいない気がして仕方ないけどね
多分何かが納得いかなかっただろうね?
このまま引退して結婚までいくかな?
まぁ離婚しそうな予感がするけど
上手くいかなくてすれ違いになりそうだよね(笑)(*^ω^*)まぁあくまでも自分の意見に過ぎないから今から考えても仕方ないだけどね!
これからの進展があるだろうからまだ見守りたいと思いますとりあえずは
それにしても今日は本当に暇だから退屈だなぁ(涙)
やることないならそれはそれでいいだけどね
とりあえず一旦そろそろこの辺でまた何か思いついたら
書きます
ではそろそろ終わります!、またね?